【スポンサーリンク】

痛恨のフリースローミスのアンソニー・デイビス「痛かった」

痛恨のフリースローミスのアンソニー・デイビス「痛かった」

NBAスターのレブロン・ジェイムス、アンソニー・デイビス、ラッセル・ウェストブルック擁するロサンゼルス・レイカーズは現地9日にフィラデルフィア・セブンティシクサーズと対戦し、オーバータイムの末に敗れた。

レイカーズは第4Q残り2分半の時点で12点のビハインドを負っていたものの、驚異的な粘りで1点差に追い上げると、デイビスが残り3.7秒に2本決めれば逆転となるフリースローを獲得。

だが、デイビスは2本目を外してしまい、レギュレーション中に決着をつけることができなかった。

デイビスは試合後にフリースローを振り返り、次のようにコメントしたという。ESPNが伝えている。

(2本目のミスは)間違いなく痛かった。

1本目を決めていたから尚更だ。

何が間違っていたのか、映像で確認してみた。

明らかにショートだったんだ。

また、デイビスの前にはオースティン・リーブスが3本すべて決めれば同点となるフリースローを獲得し、最初の2本は成功させたものの、3本目をミスしてしまった。

リーブスはフリースローミスについて次のように語っている。

2本決めて1本外す人なんていない。

あのミスは最悪だった。

母は僕のフリースローミスにイライラしているだろうね。

間違いない。

レイカーズはかろうじてオーバータイムに持ち込んだものの、オーバータイムでは何度もイージーミスを犯してしまい、白星を勝ち取ることはできなかった。

3連敗のレイカーズが次に対戦するのは、再建中のデトロイト・ピストンズ。

レイカーズはピストンズ戦で連敗をストップし、NBAスターのケビン・デュラント、カイリー・アービング、ベン・シモンズ擁するブルックリン・ネッツ戦に向けて勢いをつけたいところだろう。

なお、シクサーズ戦のリーブスとデイビスのスタッツは以下の通りとなっている。

A・リーブスA・デイビス
出場時間4136
得点2531
リバウンド212
アシスト50
スティール22
ブロック02
TO33
FG成功率60.0%
(9/15)
59.2%
(9/13)
3P成功率66.7%
(4/6)
0%
(0/1)
FT成功率75.0%
(3/4)
92.9%
(13/14)
+/--4+16

【スポンサーリンク】

コメントを残す