【スポンサーリンク】

TJ・ウォーレンが出場時間制限について「ものすごくイライラする」

TJ・ウォーレンが出場時間制限について「ものすごくイライラする」

ブルックリン・ネッツの一員としてNBAゲームに復帰したTJ・ウォーレンには、現在出場時間制限がかかっている。

ウォーレンはNBAゲームからほぼ2年間離れていたため、ネッツはNBAプレイオフに向けてウォーレンの出場時間を管理し続けるだろう。

そんな中、ウォーレンが出場時間制限に言及した模様。

ウォーレンによると、出場時間制限によりチームに十分貢献できないことにイライラしているという。ウォーレンのコメントをThe New York Postが伝えている。

ものすごくイライラする。

2年間離脱していたから、バランスを取ろうとしているところだ。

だが、もう少し負担をかけることができることも分かっている。

ただ、トレーニングスタッフたちを信じるしかない。

彼らは素晴らしい仕事をしてくれている。

僕を今の状態に戻してくれたんだ。

もっと大きな絵を見てベストを尽くし、シーズン終盤とプレイオフに向けて出場時間制限がなくなると良いね。

ウォーレンは平均二桁得点が期待できるスコアラーだ。

出場時間制限が解除された時、ウォーレンはスコアリングでネッツのセカンドユニットを牽引することだろう。

なお、ウォーレンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数21353
平均出場時間19.928.2
平均得点10.215.2
平均リバウンド3.04.1
平均アシスト1.21.2
平均スティール0.71.0
平均ターンオーバー0.71.0
FG成功率52.1%50.7%
3P成功率35.7%35.7%
フリースロー成功率79.3%78.0%

【スポンサーリンク】

コメントを残す