【スポンサーリンク】

延長契約により今季中にトレードできないNBA9選手とは?

延長契約により今季中にトレードできないNBA9選手とは?

昨年夏に新たな契約をかわしたNBA選手たちは、現地12月15日にトレード対象となった。

そして今月15日、20%以上の昇給の新契約を結んだNBA選手たちがトレード対象リストに加わった。

一方、延長契約を結んだ日付により、少なくとも今季中にトレードできないNBA選手たちもいる。

fadeawayworld.netによると、以下のNBA選手は延長契約に制限により今季中にトレードすることができないという。

選手所属
ディーン・ウェイドクリーブランド・キャバリアーズ
マキシ・クリバーダラス・マーベリックス
ニコラ・ヨキッチデンバー・ナゲッツ
レブロン・ジェイムスロサンゼルス・レイカーズ
アンドリュー・ウィギンスゴールデンステイト・ウォリアーズ
カール・アンソニー・タウンズミネソタ・ティンバーウルブズ
ラリー・ナンスJrニューオーリンズ・ペリカンズ
CJ・マッコラムニューオーリンズ・ペリカンズ
デビン・ブッカーフェニックス・サンズ

彼らは今季中にトレードされないため、トレードの噂が浮上しているNBA選手たちと比べるとシーズンに集中することができるだろう。

一方、もし彼らの中に現状に不満を持っている選手がいるとしたら、その選手は不満を抱えたまま残りのシーズンを過ごさなければならない。

特にNBAオールスターのレブロン・ジェイムスはレイカーズの現状に不満を持ち、今年夏にトレードを要求する可能性があると報じられているが、経験豊富なジェイムスはこの困難な時期を乗り越えるに違いない。

【スポンサーリンク】

コメントを残す