【スポンサーリンク】

12月15日までトレードできないNBA選手とは?

12月15日までトレードできないNBA選手とは?

今年のFA市場も多くのNBA選手が新たな契約を手にした。

だが、NBAオールスターのケビン・デュラントとドノバン・ミッチェルにトレードの噂がある以上、市場の混乱はまだまだ続き、多くのNBAチームがトレードの可能性を模索すると見られている。

一方で、FAとして新たに契約選手たちは3ヶ月間、もしくは現地12月15日までトレード対象外となる。

特定の条件を満たした選手は現地1月15日までトレード対象外となるが、彼らは少なくとも期日が来るまでバスケットボールに専念することができるだろう。

以下、現地12月15日までトレードできない選手だ。hoopsrumors.comが伝えている。

なお、契約が正式成立していないNBA選手は含まれていない。

トレード対象外のNBA選手一覧

チーム選手
アトランタ・ホークスアーロン・ホリデー
フランク・カミンスキー
ボストン・セルティックスダニーロ・ガリナリ
サム・ハウザー
ルーク・コーネット
ブルックリン・ネッツケスラー・エドワーズ
パティ・ミルズ
エドモンド・サムナー
TJ・ウォーレン
シャーロット・ホーネッツなし
シカゴ・ブルズアンドレ・ドラモンド
デリック・ジョーンズ
クリーブランド・キャバリアーズロビン・ロペス
ラウル・ネト
リッキー・ルビオ
ダラス・マーベリックスジャベール・マギー
セオ・ピンソン
デンバー・ナゲッツブルース・ブラウン
ディアンドレ・ジョーダン
デボン・リード
デトロイト・ピストンズマービン・バグリーⅢ
ゴールデンステイト・ウォリアーズドンテ・ディヴィンチェンゾ
ヒューストン・ロケッツなし
インディアナ・ペイサーズジェイレン・スミス
ロサンゼルス・クリッパーズジョン・ウォール
ロサンゼルス・レイカーズトロイ・ブラウン
トーマス・ブライアント
デイミアン・ジョーンズ
フアン・トスカーノ・アンダーソン
ロニー・ウォーカー
メンフィス・グリズリーズなし
マイアミ・ヒートケイレブ・マーティン
ミルウォーキー・バックスジェボン・カーター
サージ・イバカ
ジョー・イングルス
ウェスリー・マシューズ
ミネソタ・ティンバーウルブズカイル・アンダーソン
ブライン・フォーブス
ネイサン・ナイト
オースティン・リバース
ニューオーリンズ・ペリカンズなし
ニューヨーク・ニックスジェイレン・ブランソン
アイザイア・ハーテンシュタイン
ジェリコ・シムズ
オクラホマシティ・サンダーなし
オーランド・マジックボル・ボル
フィラデルフィア・セブンティシクサーズジェイムス・ハーデン
ダニュエル・ハウス
トレベリン・クイーン
PJ・タッカー
フェニックス・サンズビスマック・ビオンボ
デイミオン・リー
ジョシュ・オコギー
ポートランド・トレイルブレイザーズドリュー・ユーバンクス
ゲイリー・ペイトンⅡ
サクラメント・キングスマシュー・デラベドバ
チマ・モネケ
マリク・モンク
サンアントニオ・スパーズなし
トロント・ラプターズジャスティン・シャンパニー
フアン・エルナンゴメス
オットー・ポーターJr
DJ・ウィルソン
ユタ・ジャズシモーネ・フォンテッキオ
ワシントン・ウィザーズタージ・ギブソン
アンソニー・ギル
デロン・ライト

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA