【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビードが肩の問題を告白「腕を上げられない日もある」

ジョエル・エンビードが肩の問題を告白「腕を上げられない日もある」

NBAオールスタービッグマンのジョエル・エンビードは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズにおいて最も重要な選手だ。

だが、シクサーズがNBAタイトルを勝ち取るためには、エンビードが健康を維持することが大きなポイントになるかもしれない。

エンビードによると、肩の怪我によりプレイが制限されてしまっているという。エンビードのコメントをbleacherreport.comが伝えている。

(肩に)何が起こっているのか分からない。

だが、腕を上げることができない日もある。

ブロックショットを狙おうとすると、本当にそれを感じるんだ。

何が起こっているのか分からない。

だが、何かが起こっている。

もしブロックショットを狙う時に肩に痛みが走っているなら、ディフェンス面で大きな問題となるだろう。

この問題を長続きさせないためにも、シーズン序盤のうちに原因を見極め、治療に専念すべきなのかもしれない。

なお、エンビードは怪我に苦しめられるNBAキャリアを送っており、これまで1シーズン69試合以上に出場したことはない。

エンビードの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りだ。

2022-23NBAキャリア
出場試合数9337
平均出場時間35.031.3
平均得点29.326.1
平均リバウンド10.011.3
平均アシスト3.73.3
平均スティール0.60.9
平均ブロックショット1.21.6
平均ターンオーバー4.13.4
FG成功率51.4%49.0%
3P成功率24.2%33.5%
フリースロー成功率83.0%81.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA