【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーン「NBAキャリア15年で引退する」

ドレイモンド・グリーン「NBAキャリア15年で引退する」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンはNBAタイトルを4度獲得した偉大な選手のひとりだ。

今季もプレイメイカーとして、ディフェンダーとして貢献しているグリーンだが、グリーンのパフォーマンスが見られるのはあと数年なのかもしれない。

グリーンによると、NBAキャリア15年で現役生活に終止符を打つと決めているという。

グリーンは現役引退について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕は今32歳。

正直話すと、40歳までバスケットボールをプレイしたくない。

あと4年だけプレイしたいと思っている。

いつも言っているのだが、僕のマジックナンバーは15だ。

15年に到達したら終わりだ。

それからは人生を楽しみ、若手たちに任せるよ。

ジョーダン・プールとのことがあったからではないよ。

ただ、15が正しい数字ということがますます分かってきている。

コートでたくさんの選手たちに話していることだが、僕は遅れをとるような男にはなりたくない。

「金をもらうためだけにここにいる」という男にはなりたくないんだ。

グリーンは現在NBAキャリア11年目。

つまり、あと4年でNBA選手としての生活を終えることになる。

この夏にプレイヤーオプションを破棄してFAになる見込みのグリーンは、果たしてどのチームでNBAキャリアを終えるのだろうか?

そして引退後はどの道を進むのだろうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す