【スポンサーリンク】

ロバート・ウィリアムスの離脱期間が8~12週間に変更

ロバート・ウィリアムスの離脱期間が8~12週間に変更

昨季NBAファイナリストのボストン・セルティックスは先日、ビッグマンのロバート・ウィリアムスが左膝を手術し、4~6週間後に再検査を受けると報じられた。

だが、ウィリアムスの離脱期間は当初より長くなる模様。

セルティックスは現地23日、ウィリアムスの手術が無事成功し、8~12週間後にバスケットボール活動を再開する見込みであることを発表した。

ウィリアムスは今年3月に半月板を断裂し、修復手術を受けた。

だが、ブルックリン・ネッツとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第3戦で復帰したものの、NBAプレイオフ中に膝の問題が再発し、万全のコンディションではない中でプレイし続けた。

セルティックスはウィリアムスの離脱を受け、元NBAオールスタービッグマンのラマーカス・オルドリッジやドワイト・ハワードといった選手獲得に動く可能性があると噂されているが、現時点ではアル・ホーフォードとグラント・ウィリアムスの出場時間を増やし、ルーク・コーネット、ノア・ボンレー、フィオンドゥ・カベンゲリ、ルカ・サマニッチがロスタースポットと出場機会を争わせると見られている。

ウィリアムスの昨季レギュラーシーズンとNBAプレイオフのスタッツは以下の通りだ。

2021-22NBAプレイオフ
出場試合数6117
平均出場時間29.623.2
平均得点10.0
(キャリアハイ)
7.7
平均リバウンド9.6
(キャリアハイ)
6.2
平均アシスト2.0
(キャリアハイ)
1.0
平均スティール0.9
(キャリアハイ)
0.7
平均ブロックショット2.2
(キャリアハイ)
2.2
平均ターンオーバー1.00.6
FG成功率73.6%
(キャリアハイ)
67.9%
フリースロー成功率72.2%
(キャリアハイ)
89.3%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA