【スポンサーリンク】

ベン・シモンズがトレードの瞬間を振り返り「ショックだった」

ベン・シモンズがトレードの瞬間を振り返り「ショックだった」

ベン・シモンズは昨季中のトレードでフィラデルフィア・セブンティシクサーズからブルックリン・ネッツに移籍した。

シモンズは昨年のNBAプレイオフで積極的にスコアリングを狙わなかったため、シクサーズファンから強烈にバッシングされ、最終的にシクサーズを離れることになったわけだが、シモンズによると、NBAキャリア一筋を過ごしたシクサーズからトレードを告げられた時はショックを受けたという。

シモンズは当時を振り返り、次のようにコメント。The Philadelphia Inquirerが伝えている。

僕はひどい状態だった。

正しい状態に戻ろうとしたが、人々は僕に向かってあらゆるものを投げつけてきた。

僕が求めていたのは助けだけだった。

コーチやチームメイトたちから助けてもらっているとは感じなかった。

チームメイト全員というわけではないよ。

あのチームには素晴らしい仲間もいたし、彼らは今も友人だ。

だが、助けを得られているとは感じなかった。

当時の僕はただ厳しい状況に置かれていたんだ。

僕は誰とトレードされるかについては気にしていなかった。

あの瞬間、僕は実際に崩れ落ちてしまった。

僕はオフィスにいたのだが、ひとりになる時間が必要だった。

ショックだった。

なぜなら、僕はフィリーで6年間も過ごしたのだからね。

フィリーには友人もいる。

そして「ニューヨークに行け」と伝えられた。

僕の家族もオフィスにいたし、すごく感情的になった。

僕はただ座り、気持ちを整理しなければならなかったんだ。

シモンズによると、シクサーズでの最後の時間はうまく対処できなかったが、それはシモンズだけでなく、シクサーズとシクサーズの上層部も同じだったという。

いずれにせよ、シクサーズファンのシモンズに対する怒りはまだ収まっていない。

フィラデルフィアに凱旋した時、シモンズにはシクサーズファンの強烈なブーイングに耐え、NBAスターとしての価値を証明するパフォーマンスを見せてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA