【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデンがベン・シモンズに皮肉?「ジョエル・エンビードは僕のようなプレイメイカーとプレイしたことがなかった」

ジェイムス・ハーデンがベン・シモンズに皮肉?「ジョエル・エンビードは僕のようなプレイメイカーとプレイしたことがなかった」

NBAオールスターのジェイムス・ハーデンとジョエル・エンビードを擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、今季を3連敗でスタートした。

だが、ハーデンとエンビードのコンビネーションが機能し始めると白星を重ね、順位をイースタン・カンファレンス4位に上げた。

そんな中、ハーデンがエンビードとのコンビネーションについて言及した模様。

ハーデンによると、エンビードはNBAキャリアを通してハーデンのようなプレイメイカーと一緒にプレイしたことがなかったという。ハーデンのコメントをinquirer.comが伝えている。

彼は僕のようなプレイメイカーと一緒にプレイしたことが一度もなかったから、あれほど支配力を発揮し、多彩なプレイをしているんだ。

僕はそう確信している。

彼がこれまでロールをしたことがなかったであろう場所を知るためにコミュニケーションを取っている。

僕はあのように(3ポイントラインに)ポップするビッグマンと一緒にプレイしたことがなかったんだ。

ハーデンはベン・シモンズに皮肉を言いたかったわけではないのだろうが、SNS上ではそう捉えられてしまっている。

とはいえ、エンビードがNBA屈指のスコアラーであり、かつプレイメイカーであるハーデンのような選手とプレイしたことがなかったのは事実だろう。

ハーゲンの発言をシモンズに対する皮肉と受け止めるなら、現地25日に行われるブルックリン・ネッツ戦は激しいバトルが繰り広げられることになりそうだ。

なお、エンビードはハーデンを以下のように絶賛した。

彼は偉大なプレイメイカーだと思う。

彼にボールを持たせなければならない。

彼がプレイしていない時は、僕がプレイメイカーの役割を引き受ける。

僕は毎晩5~10アシストを記録できるんだ。

だが、グッドプレイメイカーである彼がいるなら、彼にボールを持たせなければならない。

彼は適切なポジションでボールを供給してくれるだろう。

僕のためだけでなく、チームメイト全員のためにね。

彼に自由を与えなければならない。

だから彼は毎晩15、20アシストを記録しているんだ。

【スポンサーリンク】

コメントを残す