【スポンサーリンク】

ジミー・バトラーがセルティックス戦でのラストショットについて「あのショットを取り戻せたら」

ジミー・バトラーがセルティックス戦でのラストショットについて「あのショットを取り戻せたら」

マイアミ・ヒートは昨季、NBAプレイオフ・カンファレンスファイナルに進出したものの、ジェイソン・テイタム擁するボストン・セルティックスに第7戦の末に敗れた。

ヒートにも勝利のチャンスがあったが、ジミー・バトラーが逆転を狙って放った3ポイントは惜しくも決まらず、NBAファイナルに進出することができなかった。

https://www.youtube.com/watch?v=iZtYWL-56aw

バトラーによると、3ポイントを外したのはバトラーの力不足だったという。

バトラーは当時を振り返り、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕はハードにプレイしたし、全力を尽くした。

あのハードルを越える力が僕には不足していた。

そういうことだ。

いつまでもふてくされているつもりはない。

僕に今できることは何なのか?

僕にできるのは、「ハーフラインから狙うべきだった」と振り返ることだけさ。

そうしていれば、皆は「あいつはなぜあんなひどいプレイをしたんだ?」と言って怒っていただろうね。

あのショットで彼らを倒したかった。

君たちも知っての通り、落ちてしまった。

あのショットを取り戻せたらと思うよ。

毎年「今季こそは」と思ってやっているんだ。

バトラーは先日のメディアインタビューで新たなヘアスタイルを披露した。

心機一転したバトラーは来季もヒートを牽引するパフォーマンスを見せ、クラッチタイムでは迷いなくスコアリングを狙いにいくことだろう。

なお、バトラーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数57690
平均出場時間33.933.1
平均得点21.417.7
平均リバウンド5.95.3
平均アシスト5.54.1
平均スティール1.61.6
平均ターンオーバー2.11.6
FG成功率48.0%46.0%
3P成功率23.3%32.1%
フリースロー成功率87.0%
(キャリアハイ)
84.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA