【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルックが説明「僕はずっと同じようにやってきた」

ラッセル・ウェストブルックが説明「僕はずっと同じようにやってきた」

ロサンゼルス・レイカーズのNBAスター、ラッセル・ウェストブルックは、現地12日に行われたミネソタ・ティンバーウルブズとのプレシーズンゲーム前にチームの輪から外れ、ひとりベンチに戻った。

その動画がSNS上で拡散されると、多くのNBAファンがウェストブルックの行動を批判し始めたというが、ウェストブルックがこの件に言及した模様。

ウェストブルックによると、意図的にチームの輪から外れたのではなく、NBAキャリアを通してやってきたルーティンのひとつだという。

ウェストブルックは今回の件について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

試合前のことについてだが、僕は何年もあのようにしている。

映像が切り抜かれただけじゃないかな。

インターネット上の人々はやりたいことをやるものだ。

僕はこのリーグに来てから同じことをやってきた。

だから、気にしていない。

僕はただ戦い、自分の仕事をしようとしているだけだ。

君たちは映像を切り抜き、やりたいことをやれる。

それをジャッジできるのは僕ではない。

ウェストブルックによると、選手紹介の後に輪から外れた時、コーチ陣と話をしていたという。

ウェストブルックは昨季、十分なパフォーマンスを見せることができず、レイカーズファンから強烈にバッシングされた。

その流れは今も変わっていないように思えるが、ウェストブルックがコートで結果を残し、レイカーズファンの信頼を取り戻すことを願うばかりだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA