【スポンサーリンク】

シャキール・オニールがステフィン・カリーに反撃「僕たちが勝つ」

シャキール・オニールがステフィン・カリーに反撃「僕たちが勝つ」

2001年のロサンゼルス・レイカーズと2017年のゴールデンステイト・ウォリアーズは、NBA史上最も強力なチームと評価されている。

彼らが実際に対戦することは叶わないが、NBAファンが激論を繰り広げている中、ウォリアーズのステフィン・カリーは「僕たちが勝つ」と宣言した。

だが、コービー・ブライアントとともに当時のレイカーズを牽引したシャキール・オニールが黙っているはずもない。

オニールはカリーの発言を受け、次のように反論したという。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちが勝つと思う。

彼らは彼らが勝つと思っている。

僕は僕たちが勝つと言う。

なぜなら、誰が僕とコービーをガードするんだ?

彼らはこう言っている。

「間違いなく僕たちが勝てると思う。誰がシャックをガードできるかは分からない。だが、誰が僕とクレイ(・トンプソン)をガードできるか分からない。3点は2点より良いんだ」とね。

僕の反論はこうだ。

彼らがホットになったら、Dフィッシュ(デレク・フィッシャー)を送り込むだろう。

そうなった時はどうなるんだ?

それでもスリーを撃ち続けるのか?

君たちはドライブしなければならなくなる。

ドライブしたら、僕の存在を心配しなければならなくなるだろうね。

彼らは僕にダブルチームを仕掛けなければならないだろう。

もしダブルチームを仕掛けてきたとしても、僕はフリースロー抜きで60得点さ。

オニールによると、レイカーズのディフェンスはウォリアーズのビッグ3に活躍を許さず、アンドリュー・ボガットがウォリアーズのリーディングスコアラーになるという。

どちらが強いか論争に決着がつくことはないが、それぞれのチームに誇りを持っているオニールとカリーが譲ることはないだろう。

それでもこういった議論は今後も続くことになりそうだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 3 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    フィッシャーとルーがカリーKDクレイを止められるとは思わんけど、GSWがシャック止められる気がせん

  2. By 匿名

    フィッシャーとルーがどれほどアイバーソンを苦しめたディフェンダーだったか。
    こういう当時のチームへのプライドがあるのはシャックの大好きなところだ

  3. By 匿名

    そりゃどっちも譲らないだろうけど、全盛期のシャックはGSWのインサイド陣では止められない。ネッツとやった時みたいな崩壊になると思う。そのくらい別格だった。

*

CAPTCHA