【スポンサーリンク】

ヒートが元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーのトレードを検討か?

ヒートが元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーのトレードを検討か?

マイアミ・ヒートは現在11勝12敗、イースタン・カンファレンス9位にとどまっている。

NBAプレイオフに進出する可能性は十分あるものの、NBAタイトルを狙うには不十分と言えるだろう。

そのため、この夏に契約した多くの選手がトレード可能となる現地15日から来年2月にかけ、ヒートはロスターを調整することを計画しているのかもしれない。

bleacherreport.comによると、ヒートは元NBAオールスターポイントガードのカイル・ラウリーをトレードで放出することを検討しているという。

ここ数年のラウリーは怪我に苦しめられているものの、今季は健康を維持し、平均出場時間は2017-18シーズン以降最長となる36.5分を記録している。

だが、現在37歳であり、契約を2023-24シーズンまで残しているラウリーをトレード要員として大きな見返りを得るのは難しいかもしれない。

NBAプレイオフ進出を求め、ベテランの経験を必要としているチームがラウリーに関心を示す可能性はゼロではないが、再建中のチームはトレードにNBAドラフト指名権が含まれない限りラウリーに関心を持たないだろう。

果たしてラウリーはどのチームのユニフォームを着て今季を終えるのだろうか?

なお、ラウリーの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数231046
平均出場時間36.532.0
平均得点14.814.8
平均リバウンド4.84.4
平均アシスト6.06.3
平均スティール1.01.3
平均ターンオーバー2.62.4
FG成功率40.2%42.4%
3P成功率35.1%36.8%
フリースロー成功率86.2%81.5%

【スポンサーリンク】

コメントを残す