【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス、ポール・ジョージ、カワイ・レナードの過去3シーズンの出場試合数は?

アンソニー・デイビス、ポール・ジョージ、カワイ・レナードの過去3シーズンの出場試合数は?

今から3年前、NBAスターのポール・ジョージとカワイ・レナードはロサンゼルス・クリッパーズに、アンソニー・デイビスはロサンゼルス・レイカーズに移籍した。

だが、彼らは怪我に苦しむ時間を過ごしており、チームに十分貢献することができていない。

中でもデイビスは怪我が相次ぎ、安定して試合に出場できないことから「デイ・トゥ・デイ・デイビス」、私服でベンチにいることが多いことから「ストリートウェア」と揶揄されている。

しかし、チームに対する貢献度で考えるなら、デイビスが最も高いのかもしれない。

fadeawayworld.netによると、過去3シーズンの出場試合数はレナードが109試合、ジョージが133試合だったのに対し、デイビスは138試合だという。

とはいえ、ジョージとレナードが大怪我による長期離脱を強いられた一方で、デイビスは足首の捻挫やアキレス腱の違和感、腰の痛みと、ジョージとレナードほど大きな怪我は負っていない。

それがデイビスに批判が集まっている大きな要因だろうが、デイビスは来季に向けてすでにトレーニングを始めている。

レナードも来季完全復帰する見込みであり、彼らには健康を維持しながらそれぞれのチームを牽引する働きを期待したいところだ。

なお、レナード、ジョージ、デイビスの過去3シーズンのスタッツは以下の通りとなっている。

K・レナードP・ジョージA・デイビス
出場試合数109133138
平均出場時間33.232.534.0
平均得点26.022.924.1
平均リバウンド6.86.39.1
平均アシスト5.04.83.1
平均スティール1.71.51.3
平均ブロックショット0.50.42.1
平均ターンオーバー2.33.22.2
FG成功率48.8%44.5%50.8%
3P成功率38.7%39.8%28.6%
フリースロー成功率88.5%86.8%78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA