【スポンサーリンク】

カイリー・アービングが昨季について「後悔していないと言えば嘘になる」

カイリー・アービングが昨季について「後悔していないと言えば嘘になる」

ブルックリン・ネッツのカイリー・アービングには、NBAスターのケビン・デュラント、ベン・シモンズとともにチームをNBAチャンピオンに導く働きが期待されている。

昨季は接種拒否による離脱があり、シーズンを通してネッツに貢献することができなかったアービング。

アービングは社会正義のためにさまざまな活動を行っているが、ネッツに貢献できなかった昨季には後悔があるという。

アービングは「昨季を振り返ってみて後悔はある?」と質問されると、次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

人として、なかったと言えば嘘になる。

誰もが「もっと良い決断ができたかもしれない」、「違うやり方があったのかもしれない」と思うんじゃないかな。

僕も人生を通して同じように感じることがある。

僕は長くプレイしたいし、僕自身や僕の周りにいる人々にあまりプレッシャーをかけたくないんだ。

「毎日やらなければならない」

僕たちは決まり文句のようにそう言うことがあるが、成り行きに任せ、シーズンを楽しむ。

その後振り返り、より深く話し合う。

だが、今はそれに集中していないよ。

クリーブランド・キャバリアーズを離れて以降のアービングは、事あるごとに批判を浴びるようになってしまった。

だが、ネッツをNBAチャンピオンに導くことができれば、多くの批判は称賛に変わるだろう。

来年夏に新たな契約を控えているアービングは今季の最高のシーズンとすべく、ベストパフォーマンスを見せてくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA