【スポンサーリンク】

パトリック・ベバリーがドレイモンド・グリーンの問題について「越えてはならない一線」

パトリック・ベバリーがドレイモンド・グリーンの問題について「越えてはならない一線」

NBAオールスターフォワードのドレイモンド・グリーンが若手有望株のジョーダン・プールに強烈なパンチを見舞ったことで批判を浴びている。

多くのNBA選手がグリーンの立場を考慮しつつも、グリーンの行為については「間違っている」と指摘している中、ロサンゼルス・レイカーズのパトリック・ベバリーがこの問題に言及した模様。

ベバリーによると、グリーンはプロフェッショナルとして越えてはならない一線を越えてしまったという。

ベバリーはグリーンの問題を受け、次のように指摘。clutchpoints.comが伝えている。

驚いたよ。

あのようなことは絶対にあってはならない。

言い争うことは当然ある。

だが、喧嘩はダメだ。

僕たちはプロフェッショナルなんだ。

越えてはならない一線がある。

グリーンがプールの顔面にパンチを見舞う数時間前、ベバリーはグリーンのポッドキャストにゲスト出演していた。

ベバリーは他の約束があったため、グリーンのポッドキャストに遅刻したという。

グリーンは今回の問題について「正しいメンタルではなかった」と説明したが、ベバリーの遅刻に対するイライラを引きずっていたのかもしれない。

なお、ベバリーはNBAキャリアを通して口論など激しいやり取りは何度も見てきたものの、チームメイトをあれほど強く殴るシーンは見たことがないと明かした。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    完全にお前が言うなのツッコミ待ちで草

*

CAPTCHA