【スポンサーリンク】

復帰のケンバ・ウォーカー「すごく快適とは言えないが・・・」

復帰のケンバ・ウォーカー「すごく快適とは言えないが・・・」

元NBAオールスターポイントガードのケンバ・ウォーカーが、現地10日に行われたシカゴ・ブルズ戦でダラス・マーベリックス戦の一員として初めてコートに立った。

ウォーカーは出場時間制限のある中で8得点、5アシストを記録。

NBAオールスターのルカ・ドンチッチを欠くマブスは敗れてしまったものの、ウォーカーにとっては自身の状況を確認する試合となったようだ。

ウォーカーは復帰戦について次のようにコメント。The Dallas Morning Newsが伝えている。

ものすごく快適だったとは言えない。

だが、新しい仲間たちとの初めてのゲームだ。

僕は自分がどうフィットできるか確かめようとした。

少し時間がかかるかもしれないし、かからないかもしれない。

僕には分からない。

だが、仲間たちとコートに出られて良かった。

彼らは僕を気持ち良くさせてくれた。

僕がここに来てから、彼らは僕にすごく良くしてくれているんだ。

ウォーカーはドンチッチのバックアップとして起用される見込みだが、もしNBAオールスター時代のようなパフォーマンスを取り戻すことができれば、マブスのセカンドユニットは確実にステップアップするだろう。

膝の問題が再発しないことを祈るばかりだが、ウォーカーはマブスの勝利を助けるために最善を尽くし、マブスの選手たちもウォーカーをサポートするに違いない。

なお、ウォーカーのマブスデビュー戦のスタッツは以下の通りとなっている。

CHI戦
出場時間19:30
得点8
リバウンド2
アシスト5
スティール0
ブロックショット1
ターンオーバー0
FG成功率40.0%
(2/5)
3P成功率0%
(0/2)
フリースロー成功率80.0%
(4/5)
+/-+2

【スポンサーリンク】

コメントを残す