【スポンサーリンク】

ネイト・マクミランHC「選手に試合に来るなと言ったことはない」

ネイト・マクミランHC「選手に試合に来るなと言ったことはない」

アトランタ・ホークスを指揮するネイト・マクミランHCは先日、シュートアラウンドを欠席して肩を治療していたトレイ・ヤングに不満を持ち、ヤングに対して「ベンチから出場するか、アリーナに来ないか、どちらかを選べ」と迫ったと報じられた。

その後、ホークスはヤングが肩の痛みにより欠場することを発表した。

この件についてマクミランHCが言及した模様。

マクミランHCによると、ヤングに限らず選手に対して「試合に来るな」と言ったことは一度もないという。マクミランHCのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

はっきりさせておきたいことがひとつある。

僕のことが話題になっていた。

僕がトレイに「試合に来るな」と言ったとして話題になっていた。

僕は選手に「試合に来るな」と言ったことがないし、これからもない。

あれは間違った情報だ。

我々が対処し、管理しなければならないことが毎日起こっている。

今回の件も内部でのことだ。

僕にとっては他の日となんら変わりない。

この状況についてのストーリーがリークされてしまった。

普段であれば、このようなことについて話をすることはない。

君たちも知っての通り、選手たちと一緒にバスや飛行機に乗ったり、ホテルに泊まったりすれば、起こり得ることだ。

つまり、我々は長く一緒にいるということさ。

我々はファミリーだ。

トレイは非常にコンペティブな若者だ。

彼は理解している。

我々は勝利を求めている。

もう一度言うが、こういうことは起こり得るんだ。

我々がすべてに同意することはないだろう。

君たち家族の中でも起こることだよね?

完璧な状況というものはない。

彼なら大丈夫。

彼は勝利を求めている。

僕は勝利を求めている。

そのために我々は取り組み続けるつもりだ。

マクミランHCとヤングの一件が報じられた後、ヤングも内部での出来事が公になったことを懸念するツイートを発信した。

彼らの関係が壊れることはないだろうが、SNS全盛の時代において、選手やコーチたちはオフ・ザ・コートでも気を使わなければならないのかもしれない。

なお、ヤングは現地5日に行われたオクラホマシティ・サンダー戦でラインナップに復帰した。

【スポンサーリンク】

コメントを残す