【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがトーマス・ブライアントとマックス・クリスティを絶賛「ビッグタイムをもたらしてくれた」

レブロン・ジェイムスがトーマス・ブライアントとマックス・クリスティを絶賛「ビッグタイムをもたらしてくれた」

ロサンゼルス・レイカーズは現地16日に強豪デンバー・ナゲッツに勝利し、今季の成績を12勝16敗とした。

この日はアンソニー・デイビスが足の痛みにより前半のみの出場にとどまったが、後半のレイカーズはラッセル・ウェストブルックやトーマス・ブライアント、ルーキーのマックス・クリスティなどバックアップ選手たちが大活躍。

ゲームハイの30得点でレイカーズを牽引したNBAオールスター、レブロン・ジェイムスも、彼らのステップアップを心強く感じていたのかもしれない。

ジェイムスはナゲッツ戦を終えた後、ブライアントとクリスティを勝利の立役者に挙げたという。ジェイムスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

今夜の僕たちの努力は素晴らしかった。

トーマス・ブライアントとルーキーのマックス・クリスティが入ってきて、僕たちにビッグタイムをもたらしてくれた。

特にADがいなかった後半にね。

トーマスはデイビス不在の穴を埋める活躍を見せ、24分間の出場時間で21得点、6リバウンドを記録。

クリスティは6得点にとどまったものの、第4Qの重要な時間帯に3ポイントを連続で決め、レイカーズに勢いをもたらした。

デイビス不在の中でヨキッチ擁するナゲッツを下したことは、レイカーズの選手たちに大きな自信をもたらすだろう。

だが、NBAチャンピオンを目指すレイカーズはこれを継続し、勝利の軌道に乗りたいところだ。

なお、この日のトーマスとクリスティのスタッツは以下の通りとなっている。

T・ブライアントM・クリスティ
出場時間2416
得点216
リバウンド63
アシスト10
スティール20
ブロックショット01
ターンオーバー10
FG成功率81.8%
(9/11)
40.0%
(2/5)
3P成功率50.0%
(1/2)
66.7%
(2/3)
フリースロー成功率50.0%
(2/4)
+/-1014

【スポンサーリンク】

コメントを残す