【スポンサーリンク】

ディアンドレ・エイトン「ペイサーズは愛を示してくれた」

ディアンドレ・エイトン「ペイサーズは愛を示してくれた」

NBAキャリア4年をフェニックス・サンズで過ごしたディアンドレ・ペイトンは、FAになったこの夏にインディアナ・ペイサーズからのマックス契約のオファーシートにサインした。

その後サンズがペイサーズのオファーにマッチし、エイトンはサンズに残留することになった。

https://twitter.com/DeandreAyton/status/1549224991840907264

ペイサーズからのマックス契約オファーがなければ、エイトンは低いサラリーで契約しなければならなかった可能性があるため、ペイサーズに感謝の気持ちを抱いているのかもしれない。

エイトンはサンズとの再契約に関し、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

FAの時はプロセス全体を通して不確実なことがたくさんあった。

僕はペイサーズの組織をリスペクトしなければならない。

彼らは(FA交渉解禁の)最初から積極的だったし、たくさんの愛を示してくれた。

僕たちはマックスオファーシートで合意した。

そしてサンズがマッチした。

僕はサンとしてフェニックスに戻って来たんだ。

僕はハッピーさ。

プロセスは終わった。

すべてを過去のこととし、ブラザーたちとチャンピオンシップを追い求めることに専念する。

今回の契約により、エイトンは来年1月15日までトレード対象外となった。

また、それ以降はトレード拒否権を有しているため、少なくともNBA2022-23シーズン中にトレードの噂に振り回されることはないだろう。

サンズの一員として戦い続けることが決まったエイトンは、サンズをNBAチャンピオンに導くという覚悟を改めたに違いない。

なお、エイトンの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2021-22NBAキャリア
出場試合数58236
平均出場時間29.530.7
平均得点17.216.3
平均リバウンド10.210.5
平均アシスト1.41.6
平均スティール0.70.7
平均ブロックショット0.71.0
平均ターンオーバー1.61.7
FG成功率63.4%59.9%
3P成功率36.8%25.0%
フリースロー成功率74.6%75.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA