【スポンサーリンク】

絶好調のアンソニー・デイビス「レブロン・ジェイムスが復帰しても僕は変わらない」

絶好調のアンソニー・デイビス「レブロン・ジェイムスが復帰しても僕は変わらない」

ロサンゼルス・レイカーズは現地20日にサンアントニオ・スパーズに完勝し、今季初となる3連勝を飾った。

レイカーズを3連勝に導いた立役者といえば、やはりアンソニー・デイビスだろう。

デイビスは3試合連続で30得点以上、16リバウンド以上を記録し、それに呼応するようにチームメイトたちも調子を上げつつある。

負傷離脱中のレブロン・ジェイムスが復帰するとデイビスがボールを持つ機会が減少すると思われ、多くのレイカーズファンはそれを懸念しているだろうが、デイビスによると、ジェイムスが復帰しても彼のパフォーマンスが変わることはないという。

デイビスは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

勝てて嬉しいよ。

僕たちは勝たなければならなかった。

残りのシーズンはなんとかなるだろう。

僕たちは同じ状況に置かれたことがある。

5連敗して2連勝、5連敗して2連勝だ。

だから連勝しなければならない。

だが、僕たちは1試合1試合を大切にしなければならない。

彼(ジェイムス)が復帰しても、僕は何も変わらない。

数年前もそうだった。

だから何も変わらない。

僕たちなら大丈夫だ。

僕たちはケミストリーを構築しなければならない。

練習で僕たち全員が揃ったことはほとんどないんだ。

怪我で離脱した選手たちがいたからね。

だから、もっと一緒に練習し、ケミストリーの構築を意識したい。

だが、僕たちは自分たちに何ができるか分かっている。

負傷離脱していたデニス・シュルーダーとトーマス・ブライアントがラインナップに復帰し、ようやく主力全員が揃いつつあるレイカーズ。

昨季は「ケミストリーの構築には時間がかかる」と言い続けながらNBAプレイオフ進出を逃しただけに、今季は早急にケミストリーを構築し、チームとしてまとまりたいところだ。

なお、デイビスのここ3試合のスタッツは以下の通りとなっている。

BRK戦DET戦SAS戦
出場時間343428
得点373830
リバウンド181618
アシスト222
スティール013
ブロック041
TO142
FG成功率60.0%
(15/25)
62.5%
(10/16)
63.2%
(12/19)
3P成功率0%
(0/1)
0%
(0/2)
FT成功率100%
(7/7)
85.7%
(18/21)
100%
(6/6)
+/-+15+4+34

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA