【スポンサーリンク】

各NBAチームで最も在籍期間が長い現役選手は?

各NBAチームで最も在籍期間が長い現役選手は?

今年の夏も多くのNBA選手がトレード、もしくはFAで他のチームに移籍した。

ブルックリン・ネッツのケビン・デュラントとニューヨーク・ニックスのドノバン・ミッチェルにはトレードの噂が浮上しており、彼らの去就次第で移籍を強いられるNBA選手もいるだろう。

では、各NBAチームにおいて現時点で最も長く在籍しているのはどの選手なのだろうか?

以下が各NBAチームにおいて最も長く在籍している選手のリストだ。hoopsrumors.comが伝えている。

順位所属選手備考
1MIAユドニス・ハスレム2003年8月(FA)
2GSWステフィン・カリー2009年6月(ドラフト)
3WASブラッドリー・ビール2012年7月(ドラフト)
4PORデイミアン・リラード2012年7月(ドラフト)
5MILヤニス・アンテトクンポ2013年7月(ドラフト)
6PHIジョエル・エンビード2014年7月(ドラフト)
7BOSマーカス・スマート2014年7月(ドラフト)
8DENニコラ・ヨキッチ2014年7月(ドラフト)
9CLEケビン・ラブ2014年8月(トレード)
10DALドワイト・パウエル2014年12月(トレード)
11MINカール・アンソニー・タウンズ2015年7月(ドラフト)
12INDマイルズ・ターナー2015年7月(ドラフト)
13PHXデビン・ブッカー2015年7月(ドラフト)
14TORパスカル・シアカム2016年7月(ドラフト)
15HOUエリック・ゴードン2016年7月(FA)
16BKNジョー・ハリス2016年7月(FA)
17ORLテレンス・ロス2017年2月(トレード)
18SACディアーロン・フォックス2017年7月(ドラフト)
19UTAドノバン・ミッチェル2017年7月(ドラフト→トレード)
20ATLジョン・コリンズ2017年7月(ドラフト)
21CHIザック・ラビーン2017年7月(トレード)
22MEMディロン・ブルックス2017年7月(ドラフト→トレード)
23NYKミッチェル・ロビンソン2018年7月(ドラフト)
24LALレブロン・ジェイムス2018年7月(FA)
25SASヤコブ・ポートル2018年7月(トレード)
26NOPザイオン・ウィリアムソン2019年7月(トレード ドラフト)
27CHAPJ・ワシントン2019年7月(ドラフト)
28LACイビチャ・ズバッツ2019年2月(トレード)
29OKCダリアス・ベズリー
ルーゲンツ・ドート
2019年7月(トレード)
2019年7月(FA)
30DETキリアン・ヘイズ2020年11月(ドラフト)

なお、シャーロット・ホーネッツについては、現在制限付きFAのマイルズ・ブリッジズと契約すれば、ブリッジズが最長在籍期間の選手となる。

オクラホマシティ・サンダーのベズリーとドートは同日にサンダーに入団した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ye

    ザイオンってトレードだったのか。知らなかった。

*

CAPTCHA