【スポンサーリンク】

ザック・ラビーン「父にひどいプレイだったと言われた」

ザック・ラビーン「父にひどいプレイだったと言われた」

シカゴ・ブルズのザック・ラビーンは、先日行われたオーランド・マジック戦でわずか4得点、FG成功率7.1%(1/14)に終わった。

試合終盤にベンチに下げられたラビーンは、ビリー・ドノバンHCの起用法に「僕が(ベンチに下げられたことに)同意するかって?ノーだ」などと不満を吐露していた。

だが、家族との会話がラビーンを立ち直らせたのかもしれない。

ラビーンによると、家族から「ひどいプレイだった」と酷評されたという。ラビーンのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

僕は家に帰ると、良いゲームだったのか、それとも悪いゲームだったのか評価する。

妻と話をした。

父とたくさん話をした。

僕はいつも彼らと話をするんだ。

彼にはストレートにこう言われた。

「君のプレイはひどかった。次の試合はもっと良いプレイをしろ。単純なことだ。1試合にすぎない。君は500試合プレイしてきた。ひどい夜はまたやって来るだろう。今日ほどひどくないことを願っている。次はもっと良いプレイをしろ」とね。

僕とビリーは良い関係を築いている。

僕たちはいつも話をしている。

僕たちは大人だし、これは大人のビジネスだ。

不快な日もある。

どんなスポーツやビジネスでもそうだが、すべての決定に同意できるわけではない。

だから、話し合って前に進まなければならない。

相手の立場を理解しなければならないんだ。

ラビーンは現地20日に行われたボストン・セルティックス戦で22得点、5リバウンド、5アシストを記録し、勝利に貢献した。

不満を吐露した時は「ラビーンがいずれトレードを要求するのでは?」と不安を感じたブルズファンは少なくなかっただろうが、現時点でその心配は必要ないと言えるだろう。

なお、ラビーンの今季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2022-23NBAキャリア
出場試合数13491
平均出場時間33.331.9
平均得点20.819.8
平均リバウンド4.03.9
平均アシスト4.13.9
平均スティール1.20.9
平均ターンオーバー2.22.6
FG成功率41.4%45.9%
3P成功率37.5%38.5%
フリースロー成功率82.7%83.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA