【スポンサーリンク】

シャキール・オニール「今の時代のNBAなら平均60得点」

シャキール・オニール「今の時代のNBAなら平均60得点」

NBAレジェンドのシャキール・オニールは、バスケットボール史上最もフィジカルなビッグマンのひとりだ。

強烈なフィジカルを武器にし、インサイドを支配したオニール。

だが、近年のNBAではビッグマンにもアウトサイドショットが求められており、オニールは今の時代のNBAにはフィットしないという声も少なくない。

しかし、オニールは今の時代のNBAでも圧倒的な力を発揮できると確信しているようだ。

statlineによると、オニールは「今の時代のNBAにはフィットしない」という意見に対し、こう反論したという。

この時代でプレイしたかった。

平均60得点はいくだろう。

https://www.instagram.com/p/CEKqyIrlqFp/?utm_source=ig_embed

今のNBAにもジョエル・エンビードやルディ・ゴベールといった優秀なセンタープレイヤーはいるものの、スコアリングを量産するタイプではない。

もしオニールが今のNBAでプレイしていたら、平均60得点とはいかないだろうが、インサイドを支配するのは間違いなく、アウトサイドショットが重要視されている現代においても平均30得点をあげるセンタープレイヤーとなるだろう。

なお、オニールのNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

キャリアスタッツ
出場試合数1207
平均出場時間34.7
平均得点23.7
平均リバウンド10.9
平均アシスト2.5
平均スティール0.6
平均ブロックショット2.3
平均ターンオーバー2.7
FG成功率58.2%
3P成功率4.5%(1/22)
フリースロー成功率52.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA