【スポンサーリンク】

チャールズ・バークレーが渦中のスコッティ・ピッペンに「本を売りたいだけ」

チャールズ・バークレーが渦中のスコッティ・ピッペンに「本を売りたいだけ」

NBAレジェンドのスコッティ・ピッペンは先日、新たな本「Unguarded」を発売した。

だが、本の中に「僕はマイケル・ジョーダンと同じくらい偉大なNBA選手」、「ジョーダンがバスケットボールをダメにした」など記されており、批判を集めている。

現役時代にジョーダンと激闘を繰り広げたNBAレジェンドのチャールズ・バークレーも、これには黙ってはいられなかった模様。

バークレーによると、ピッペンはただ本を売りたがっているだけだという。バークレーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

人々が僕の話をする時、僕の過去の愚かな言動を持ち出すよね。

怒るようなことではない。

マイケル・ジョーダンが「ザ・ラストダンス」の中で言ったことは真実だ。

だが、マイケルが故意にスコッティを酷評したわけではないと思う。

まず第一に、こういうことを言いたいのであれば、ただ言えばいい。

本にするな!

僕が思う唯一の問題点はそこにある。

もし彼が番組に出演して意見を言うのなら、まったく問題ない。

だが、彼はこのような話を持ち出して本にした。

それが皆が問題に思っていることなんじゃないかな。

スコッティはただ本を売ろうとしているだけだ。

彼は人々との関係や友情は気にしていない。

ただ本を売ろうとしているだけだ!

バークレーによると、炎上商法は売上につながるものの、その後人々との関係が悪化してしまうという。

一方で、ピッペンの著書の中には「ヒューストン・ロケッツが結成したスーパーチームが1998-99シーズンに失敗したのは、バークレーの献身が不十分だったから」という記述もあるというから、バークレーも「攻撃された」と感じているのかもしれない。

ピッペンに関する話題はしばらく続きそうだが、NBAファンはそのたびに落胆してしまうことになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA