【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネット「今はレブロン・ジェイムスではなくステフィン・カリーの時代」

ケビン・ガーネット「今はレブロン・ジェイムスではなくステフィン・カリーの時代」

昨季NBA王者ゴールデンステイト・ウォリアーズには、NBA連覇の期待がかかっている。

今のウォリアーズはステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンだけのチームではなく、ジョーダン・プールやアンドリュー・ウィギンスなど若い選手たちも活躍しており、彼らのさらなる成長はウォリアーズのNBA連覇を後押しするだろう。

だが、最も重要な選手は昨季ファイナルMVPのカリーだ。

NBAレジェンドのケビン・ガーネットによると、今はカリーの時代であり、長年にわたってNBAを牽引してきたレブロン・ジェイムスの時代は終わったという。

ガーネットはカリーとジェイムスについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちはどの時代にいるんだろうね。

レブロンの時代は終わったと言わなければならないだろう。

違うかい?

僕はステフの時代、ゴールデンステイトの時代だと思っている。

僕たちはもっと彼に敬意を払うべきじゃないかな。

なぜなら、彼はまだ終わっていないし、彼らはまだ終わっていないからね。

彼は本当にゲームを変えたと思う。

ガードのポジションを別の次元、別のレベルに導いたと思う。

深い位置からシュートを狙う前例になった。

彼がリーグに来たことにより、ガードが深い位置からシュートを狙う時代にシフトした。

リーグはいずれ4ポイントラインを取り入れなければならないだろうね。

NBA史上最も偉大な選手を議論する時、カリーの名が出ることはほとんどない。

もし出るとしても、「ガードのポジション」もしくは「シューターのポジション」と縛りがつくだろう。

だが、もしウォリアーズがNBA連覇を達成すれば、カリーの名はGOATの議論に加わるに違いない。

なお、カリーの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

LAL戦DEN戦
出場時間32:4835:55
得点3334
リバウンド65
アシスト74
スティール40
ブロックショット10
ターンオーバー43
FG成功率45.5%
(10/22)
45.5%
(10/22)
3P成功率30.8%
(4/13)
45.5%
(5/11)
フリースロー成功率100%
(9/9)
100%
(9/9)
+/-+20+9

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA