【スポンサーリンク】

ケンドリック・パーキンスが重い腰を上げないジーニー・バスとロブ・ペリンカを批判「レブロン・ジェイムスを罰している」

ケンドリック・パーキンスが重い腰を上げないジーニー・バスとロブ・ペリンカを批判「レブロン・ジェイムスを罰している」

今季が開幕する前、ロサンゼルス・レイカーズのラッセル・ウェストブルックにはトレードの噂が浮上していた。

だが、レイカーズはNBAドラフト1巡目指名権をトレードパッケージに含めることを嫌い、トレードが実現することはなかった。

レイカーズのオーナーを務めるジーニー・バスは先日、NBAドラフト1巡目指名権をトレードすることに反対していると報じられたが、元NBA選手のケンドリック・パーキンスによると、NBAドラフト1巡目指名権をトレードしないのはウェストブルックをレイカーズに勧誘したレブロン・ジェイムスに対する罰だという。

パーキンスはバスとロブ・ペリンカGMを名指しし、次のように批判。fadeawayworld.netが伝えている。

ロブ・ペリンカとジーニー・バスはラッセル・ウェストブルックのトレードに関与したレブロン・ジェイムスを罰しているようなものだと思う。

ラッセル・ウェストブルックを獲得するにあたり、彼(ジェイムス)は大きな役割を果たした。

彼らはドラフト指名権を2つ持っているが、トレードで放出しない。

君たちは今、取引しなければならない。

彼(ジェイムス)の偉大さを無駄使いし、チャンピオンを目指す彼の時間を無駄使いしているんだ。

パーキンスの考えは飛躍しすぎているように思えるが、多くのレイカーズファンがNBAドラフト1巡目指名権をトレードで放出し、即戦力を獲得することを望んでいるのは間違いない。

一方、レイカーズはサラリーキャップに余裕が生まれる今年のオフシーズン中にロスターを再編し、必要であればNBAドラフト1巡目指名権をトレードする可能性があると報じられている。

レイカーズはニューヨーク・ニックスのキャム・レディッシュやデトロイト・ピストンズのボヤン・ボグダノビッチなどに関心を持っていると噂されているが、果たしてバスとペリンカGMはどう対処するのだろうか?

【スポンサーリンク】

コメントを残す