【スポンサーリンク】

40歳のマイケル・ジョーダンはアレン・アイバーソンなどを凌ぐミッドレンジシューター?

NBAレジェンドのマイケル・ジョーダンは現役復帰2年目となる2002-03シーズン、ワシントン・ウィザーズの一員としてプレイし、40歳になったそのシーズンを最後にNBAキャリアに終止符を打った。

ジョーダンは最後までミッドレンジジャンパーを武器として戦い続け、現役最終年も平均20得点をマークしたジョーダン。

長いキャリアを通して磨き続けたミッドレンジジャンパーは、当時のスーパースターたちを上回る成功率を記録していた模様。

fadeawayworld.netによると、40歳のジョーダンのミッドレンジジャンパー成功率43.3%は、当時屈指のスコアラーだったトレイシー・マグレディやビンス・カーター、コービー・ブライアント、アレン・アイバーソン、ポール・ピアースを上回る数字だったという。

現役を2度離れた経験を持ち、40歳という年齢にもかかわらず、当時のスーパースターたちを凌ぐミッドレンジジャンパーを放っていたジョーダンは、まさしく”バスケットボールの神様”と言えるだろう。

なお、ジョーダン、マグレディ、カーター、ブライアント、アイバーソン、ピアースの2002-03シーズンにおけるミッドレンジジャンパーの数字は以下の通りとなっている。

選手名試投数成功数成功率合計得点平均得点
マイケル・ジョーダン105645743.3%164020.0
トレイシー・マグレディ75732743.2%240732.1
ビンス・カーター38316142.0%88420.6
コービー・ブライアント91837641.0%246130.0
アレン・アイバーソン89534638.7%226227.6
ポール・ピアース57020335.6%204825.9

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA