【スポンサーリンク】

ペニー・ハーダウェイが愛弟子ジェイムス・ワイズマンをウォリアーズに推す

メンフィス大学出身のジェイムス・ワイズマンは、2020年NBAドラフト上位指名候補のひとりだ。

ビッグマンのワイズマンは身体能力と機能力があり、特にインサイドの強化を必要としているNBAチームはワイズマンに注目しているだろう。

そんな中、元NBAプレイヤーであり、現在メンフィス大学のヘッドコーチを務めているペニー・ハーダウェイが、NBAドラフト2位指名権を持つゴールデンステイト・ウォリアーズにワイズマンを推した模様。

ハーダウェイによると、ワイズマンのプレイスタイルはウォリアーズのシステムにフィットするという。ハーダウェイのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

彼は簡単にゲームとゲームのペースに合わせることができる。

彼は非常に身体能力があり、非常にスピードがある。

リーグにおいて優れたリムランナーのひとりにすぐになるだろうし、リムプロテクターになるだろう。

今の段階でも彼は優れたスキルを持っている。

特にドレイモンド(・グリーン)やクレイ(・トンプソン)、ステフ(・カリー)といったベテランと一緒にプレイすれば、彼はどんどん良くなるだろうね。

ワイズマンはメンフィス大学で3試合の出場にとどまったものの、平均19.7得点、10.7リバウンド、3.0ブロックショットと素晴らしい数字を残した。

ウォリアーズがNBAドラフト2位指名権を行使するのか、それともトレードで放出するのかは未定だが、インサイドの強化を必須としているウォリアーズにとってワイズマンは良いオプションになるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA