【スポンサーリンク】

ステフィン・カリー「最もイライラしたディフェンダーはセス・カリー」

ステフィン・カリー「最もイライラしたディフェンダーはセス・カリー」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは、NBAで最も止めるのが難しい偉大な選手のひとりだ。

NBA最高峰のスキルとシュートを持ち、マッチアップしたディフェンダーに悪夢をもたらすカリー。

そのカリーが、NBAキャリアを通して悩まされたディフェンダーをピックアップした。

カリーはタフなゲームを強いられたディフェンダーについて、次のようにコメントしたという。fadeawayworld.netが伝えている。

ジュルー・ホリデー、エイブリー・ブラッドリー、現役の頃のトニー・アレンだ。

彼らは適切な時に適切な場所にいるし、フィジカルだし、ゲームを研究しているし、相手の動きを熟知している。

僕は相手に止められるという恐れは持っていない。

だが、彼らと対戦する夜はよりハードにプレイし、よりスマートにプレイしなければならない。

パット・ビブ(パトリック・ビバリー)のように挑発してくる男に対しては、対処しなければならない。

彼らはリーグ最高の男をディフェンスするために金をもらっているんだ。

ただ、僕を最もイライラさせたひとりはセス・カリーだ。

彼がポートランドにいた時にプレイオフで対戦したのだけれど、彼は僕から4スティールを記録した。

彼は僕から武器を取り上げ、文字通りどこにでも姿を現したんだ。

対処することができなかったよ。

セス・カリーは小さい頃から兄ステフィン・カリーと共にバスケットボールに励んできた。

ステフィン・カリーの動きや癖をNBAの誰よりも熟知しているのは、間違いなくセス・カリーだろう。

ステフィン・カリー率いるウォリアーズとセス・カリー擁するフィラデルフィア・セブンティシクサーズは、現地19日に対戦する。

いま絶好調の兄ステフィン・カリーに対し、セス・カリーはどのようなディフェンスで向かっていくのだろうか。

なお、今季のステフィン・カリーとセス・カリーのスタッツは以下の通りとなっている。

ステフィン・カリーセス・カリー
出場試合数4944
平均出場時間34.028.9
平均得点31.0
(キャリアハイ)
12.0
平均リバウンド5.6
(キャリアハイ)
2.1
平均アシスト5.92.8
平均スティール1.20.8
平均ターンオーバー3.21.3
FG成功率49.1%44.5%
3P成功率42.7%41.0%
フリースロー成功率92.2%89.4%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA