【スポンサーリンク】

カリス・レバートがジョー・ハリスの成長について「驚くようなことではない」

NBAキャリア6年目を終えたブルックリン・ネッツのシューター、ジョー・ハリスは、2019-20シーズンにキャリアベストとなる平均14.5得点を記録した。

ケビン・デュラントの全休、さらにカイリー・アービングの長期離脱という厳しい状況の中、ハリスはNBAを代表するシューターのひとりとして活躍。

来季もさらなる成長が期待されているが、チームメイトのカリス・レバートはハリスの成長を確信しているのかもしれない。

レバートはハリスについて次のようにコメント。netsdaily.comが伝えている。

ジョーは常にジムにいる。

彼は常にもっと良くなるために努力している。

彼は常に映像でチェックしている。

彼が成熟し、成長したのは、驚くようなことではない。

僕たちは彼の働きぶりを毎日見ているからね。

ゲームの中で彼の成長を見られるのは良いことだが、僕たちはジョーに何ができるのか分かっている。

彼がどれほど懸命に働いているのか知っている。

報われるのを見るのは素晴らしいことさ。

ハリスはこのオフシーズン中に制限付きFAになる。

カイリー・アービングとケビン・デュラントが復帰するネッツは、NBA屈指のキャッチ&シューターであるハリスにオファーを出すだろう。

だが、第3のスーパースター獲得を狙うとも噂されており、ネッツの対応に注目が集まるところだ。

なお、ハリスの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツキャリアスタッツ
出場試合数69331
平均出場時間30.824.3
平均得点14.510.4
平均リバウンド4.33.1
平均アシスト2.11.6
平均スティール0.60.5
平均ターンオーバー1.51.2
FG成功率48.6%47.9%
3P成功率42.4%42.6%
フリースロー成功率71.9%77.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA