【スポンサーリンク】

デイミアン・リラード「ニコラ・ヨキッチに対する戦略が功を奏した」

デイミアン・リラード「ニコラ・ヨキッチに対する戦略が功を奏した」

デイミアン・リラード擁するポートランド・トレイルブレイザーズは、現地22日に行われたデンバー・ナゲッツとのNBAプレイオフ・ファーストラウンド第1戦を制し、好スタートを切った。

この日はMVP最有力候補のニコラ・ヨキッチに34得点、16リバウンドを許したものの、アシストはわずか1に抑えることに成功。

リラードによると、ヨキッチに対する戦略が機能し、十分な仕事をさせなかったことが大きな勝因だったという。

リラードはファーストラウンド第1戦終了後、ヨキッチについて次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕は彼がMVPだと思っている。

君たちも知っての通り、彼はすごくうまい。

僕たちは彼にスコアリングを許したくなかったし、僕たちのディフェンスを分断させたくなかった。

それが功を奏したんじゃないかな。

ヨキッチに34得点を許したものの、今季平均8.3アシストのヨキッチをわずか1アシストに封じたのは大きな成果と言えるだろう。

だが、マイケル・マローンHCとヨキッチがシリーズ第2戦に向けて問題点を修正するのは間違いない。

テリー・ストッツHC指揮するブレイザーズがどのような戦略でヨキッチに対抗するのか、注目が集まるところだ。

なお、ストッツHCは第1戦のヨキッチ対策について以下のようにコメントした。

1アシスト。

前半はゼロアシスト。

我々は彼を孤立させるという良い仕事ができたと思う。

だが、彼が他の選手たちを活かし始めたら、彼らはもっと良いオフェンシブチームになるだろうね。

ヨキッチとリラードの第1戦のスタッツは以下の通りだ。

N・ヨキッチD・リラード
出場時間35:2239:53
得点3434
リバウンド162
アシスト113
スティール00
平均ターンオーバー12
FG成功率51.9%
(14/27)
40.0%
(10/25)
3P成功率42.9%
(3/7)
41.7%
(5/12)
フリースロー成功率75.0%
(3/4)
100%
(9/9)
+/--13+25

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA