【スポンサーリンク】

JJ・バレア「マブスのコーチの仕事がしたい」

JJ・バレア「マブスのコーチの仕事がしたい」

ベテランポイントガードのJJ・バレアは昨年12月、ダラス・マーベリックスからウェイブした。

その後FAになったバレアはNBAチームからオファーをもらうことができず、母国プエルトリコのチームと契約。

だが、バレアはNBAキャリアの大半を過ごしたマブスを今も愛し、人生をかけてマブスに貢献したいと思っているのかもしれない。

バレアによると、近い将来アシスタントコーチとしてマブスで働くという目標を立てたという。バレアのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

アシスタントコーチとしてダラスに戻る機会があれば嬉しいね。

今後数年間はチームと連絡を取り続けたい。

コーチングの仕事に空きが出た時に備え、コーチングの経験を積んでおきたい。

僕はマーベリックスのために働くのが大好きだし、ダラスで過ごし、永遠にマーベリックスの一員でありたいんだ。

バレアはダーク・ノビツキーほどではなかったにせよ、マブスにおいて重要な選手のひとりとして活躍した。

晩年はルカ・ドンチッチなど若手たちのメンターとして働き、マブスで多大な功績を残したバレア。

もしバレアがコーチとしてマブスに復帰するなら、ドンチッチやクリスタプス・ポルジンギスなど選手たちはもちろん、オーナーのマーク・キューバンやマブスのファンも両手を広げて歓迎するだろう。

バレアはその時に備え、コーチングスキルを習得するに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA