【スポンサーリンク】

ジャレット・アレン「もし僕がネッツだったらトレードしていた」

ジャレット・アレン「もし僕がネッツだったらトレードしていた」

NBAキャリア4年目のジャレット・アレンは、先日のトレードでブルックリン・ネッツからクリーブランド・キャバリアーズに移籍した。

アレンはサイズとウィングスパンがあるビッグマンであり、NBA有数のショットブロッカーでもある。

ネッツを指揮するスティーブ・ナッシュHCはアレンに期待を寄せるコメントを繰り返していたこともあり、アレンのトレードはある意味サプライズだったと言えるだろう。

だが、アレンジ自身はトレードに理解を示しているようだ。

アレンによると、元MVPのジェイムス・ハーデンを獲得するためなら若手有望株のトレード放出は当然だという。アレンのコメントをHoopshypeが伝えている。

正直に話すが、僕だったらトレードしていただろう。

嘘は言わない。

レイカーズも(アンソニー・デイビスを獲得するために)同じようなことをやったよね。

そして彼らはNBAチャンピオンになった。

僕はブルックリンにいたかったけれど、そういったチャンスを逃してはいけないということも理解しているよ。

アレンは今季をディアンドレ・ジョーダンのバックアップとして始めたが、トレード前は先発センターのポジションを勝ち取っていた。

キャブスにはアンドレ・ドラモンドという絶対的なビッグマンがいるものの、キャブスは来年夏に完全FAになるドラモンドよりアレンを重要視している。

アレンにはこのトレードをきっかけとし、キャブスはもちろんNBAを代表するビッグマンに成長してもらいたいところだ。

なお、アレンの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数12234
平均出場時間26.724.4
平均得点11.210.1
平均リバウンド10.47.9
平均アシスト1.71.2
平均スティール0.60.5
平均ブロックショット1.61.4
平均ターンオーバー1.81.2
FG成功率67.7%61.2%
フリースロー成功率75.4%69.8%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA