【スポンサーリンク】

エリック・ブレッドソーがケミストリー疑問視の声に「タレントは関係ない」

エリック・ブレッドソーがケミストリー疑問視の声に「タレントは関係ない」

NBAオールスターのブランドン・イングラムや2019年NBAドラフト1位選手のザイオン・ウィリアムソン、2017年NBAドラフト2位選手のロンゾ・ボールといった若手有望株を擁し、オフシーズン中のトレードでベテランのスティーブン・アダムスとエリック・ブレッドソーを獲得したニューオーリンズ・ペリカンズには、NBAプレイオフ復帰の期待がかかっている。

だが、現地24日の時点で5勝10敗、ウェスタン・カンファレンス14位と低迷し、現在3連敗中。

この状況を受け、スターターのケミストリーを疑問視する声があがるようになったが、ブレッドソーがそれらの意見に反対した模様。

ブレッドソーによると、ペリカンズの選手たちは試合中に集中力が途切れてしまうことがあるという。ブレッドソーのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

僕たちはもう少しハードに戦わなければならない。

タレントがどうとか、そういったことは関係ない。

ゲームが進み、身体が疲れ始めた時は、最も集中しなければならない時だ。

ここ3試合はいずれも二桁得点差で敗れ、安定しない戦いが続いているペリカンズ。

ケミストリーは試合を重ねるたびに改善するかもしれないが、NBAプレイオフ進出のためには早急に立て直したいところだ。

若手が多いペリカンズには早く波に乗り、NBAプレイオフ進出へ向けて突き進んでもらいたい。

なお、ブレッドソーの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
所属チームニューオーリンズ・ペリカンズロサンゼルス・クリッパーズ
フェニックス・サンズ
ミルウォーキー・バックス
ニューオーリンズ・ペリカンズ
出場試合数14645
平均出場時間29.027.8
平均得点12.814.1
平均リバウンド3.64.0
平均アシスト3.64.8
平均スティール1.01.4
平均ターンオーバー1.92.6
FG成功率44.1%45.7%
3P成功率40.6%
(キャリアハイ)
33.9%
フリースロー成功率67.9%79.2%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA