【スポンサーリンク】

ドワイト・ハワード「スタッツは意味がない」

昨年夏にロサンゼルス・レイカーズに加わった元オールスターセンター、ドワイト・ハワードは、NBAキャリアを通して初めてベンチプレイヤーの役割を受け入れた。

これまでと比較すると出場時間は減少したものの、コートに出た際は最高のパフォーマンスを見せ、レイカーズのNBAタイトル獲得に貢献したハワード。

この経験を通し、何より重要なのは与えられた役割を全うし、NBAタイトル獲得に貢献することだと気付いたようだ。

ハワードはこれまでのNBAキャリアを振り返り、次のようにコメント。thescore.comが伝えている。

チャンピオンになることがすべて。

世界最高のスタッツを記録したとしても意味がない。

僕はそれが分かったんだ。

今年は僕たちの年になると信じている。

(シクサーズが最後にNBAチャンピオンになった)1983年から長い時間が経った。

フィリーにもうひとつのバナーを掲げる時が来たと思う。

ハワードはジョエル・エンビードのバックアップとして起用される見込み。

エンビードとしても、NBAで長く活躍し、ついにレイカーズでNBAタイトルを獲得したハワードの存在は心強いだろう。

なお、ハワードの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
所属チームロサンゼルス・レイカーズオーランド・マジック
ロサンゼルス・レイカーズ
ヒューストン・ロケッツ
アトランタ・ホークス
シャーロット・ホーネッツ
ワシントン・ウィザーズ
出場試合数691113
平均出場時間18.933.5
平均得点7.5
(キャリアワースト)
16.7
平均リバウンド7.3
(キャリアワースト)
12.3
平均アシスト0.71.4
平均スティール0.4
(キャリアワースト)
0.9
平均ブロックショット1.11.9
平均ターンオーバー1.22.8
FG成功率72.9%
(キャリアハイ)
58.6%
フリースロー成功率51.4%56.5%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA