【スポンサーリンク】

ドレイモンド・グリーンが苦戦続くウォリアーズについて「何か違うことをやらなければならない」

ドレイモンド・グリーンが苦戦続くウォリアーズについて「何か違うことをやらなければならない」

NBAタイトル奪還を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズはクレイ・トンプソンが今季全休となる怪我を負ったことにより、厳しい戦いを強いられている。

シカゴ・ブルズにはダミオン・リーの逆転弾で勝利し、今季初白星を挙げたものの、ブルズは再建中のチームだ。

現時点のウォリアーズの戦力ではNBAプレイオフ進出は難しいと言えるだろう。

間もなく復帰すると見られているドレイモンド・グリーンによると、ウォリアーズは数年前とは異なる状況であることをまず認識しなければならないという。

グリーンは現在のウォリアーズについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

僕たちは何か違うことをやらなければならないということを認識しなければならない。

なぜなら、クレイ・トンプソンはいないし、ケビン・デュラントはいないし、ショーン・リビングストンもしくはアンドレ・イグダーラもいないのが現実だからね。

僕たちがトップに君臨した5年間、誰がここにいたのか君たちは知っているはずだ。

彼らは僕たちにできることにおいてものすごく重要な存在だったんだ。

彼らが長く牽引したのだから、何かを変えなければならないかもしれない。

だから、変化を理解することが重要だ。

黄金時代のウォリアーズはステフィン・カリーやトンプソン、グリーン、デュラント、リビングストン、イグダーラが中心となって牽引した。

だが、デュラントとイグダーラは他チームに移籍し、リビングストンはNBAを引退。

さらにトンプソンは今季全休と、ロスターのスケールダウンは否定できない。

今季はシーズンを通して厳しい戦いを余儀なくされるだろうが、その中でも希望の光が見えるシーズンにしたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA