【スポンサーリンク】

クイン・クックがブレイザーズ戦敗戦後にひとりシュート練習に励む

今月上旬にロサンゼルス・レイカーズと再契約したクイン・クックは、今季も十分な出場機会を得ることができていない。

クックがコートに立つ時は、レイカーズが大量リードしている時、もしくは勝つ見込みがない時だ。

だが、クックはどのような状況においても決して腐ることなく、プロのNBAプレイヤーとしての姿勢を貫き通している。

TheAthleticの記者によると、レイカーズがポートランド・トレイルブレイザーズとのホームゲームを落とした後、クックはひとりコートに残り、シュート練習に明け暮れたという。

クックは11月下旬にレイカーズからウェイブされたものの、約2週間後に再契約。

クックはNBAレジェンドであるコービー・ブライアントの大ファンとして知られており、ブライアントが他界した時はファンと一緒に祈りを捧げた。

そのような経緯から、クックはレイカーズファンのお気に入りのひとりでもあるが、常にプロのNBAプレイヤーとして努力する姿もファンとチームメイトから信頼されている理由なのかもしれない。

クックのプロとしての姿勢と努力はレイカーズのチームメイトたちに伝染し、チームとしてよりまとまることだろう。

なお、クックの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
所属チームロサンゼルス・レイカーズニューオーリンズ・ペリカンズ
ダラス・マーベリックス
ゴールデンステイト・ウォリアーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
出場試合数3168
平均出場時間4.114.9
平均得点1.76.7
平均リバウンド0.31.8
平均アシスト0.71.7
平均スティール00.3
平均ターンオーバー00.8
FG成功率33.3%46.3%
3P成功率0%40.4%
フリースロー成功率100%78.9%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA