【スポンサーリンク】

ジョン・ウォール「ジェイムス・ハーデンはチームのリーダーのひとり」

ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデンが現地21日の練習中にルーキーのジェイショーン・テイトと激しく口論し、テイトに向かってボールを投げつけたと報じられた。

ハーデンはロケッツにトレードを要求しており、テイトはハーデンに不満を持っているとも報じられたが、指揮官のスティーブン・サイラスHCによると、バスケットボールに対する気迫とエネルギーによるものだったという。

一方、ラッセル・ウェストブルックとのトレードでロケッツに入団したジョン・ウォールは、コート外の雑音に耳を傾ける必要はないと感じている模様。

ハーデンとテイトの口論報道を受け、ウォールは次のようにコメント。clutchpoints.comが伝えている。

僕たちはジェイムスのオフ・ザ・コートでのことにフォーカスするわけにはいかない。

僕たち全員に分かることは、彼は毎日ここに来てハードに働いているということだ。

彼はこのロッカールームにおいて僕たちのチームのリーダーのひとりさ。

僕たちが求めることができるのは、それがすべてだ。

一方、指揮官のスティーブン・サイラスHCはハーデンとテイトの口論を前向きに捉えている模様。

闘争心のある男たちがいると、激しい練習にならなければならない。

それを望んでいる。

それが我々であり、私が望んでいること。

このチームには闘争心のある男が求められているんだ。

ハーデンはブルックリン・ネッツ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ミルウォーキー・バックス、マイアミ・ヒートへのトレードを希望しているというが、現時点でこれらのチームとのトレードは実現しない見込みだ。

ロケッツはこの4チーム以外のNBAチームとも交渉しているものの、トレードを急いでいるわけではないため、ハーデンはしばらくロケッツのユニフォームを着てプレイすることになるだろう。

難しい状況ではあるものの、内部崩壊につながらないことを祈りたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA