【スポンサーリンク】

ウォリアーズがロンゾ・ボール獲得を再び狙う?

ウォリアーズがロンゾ・ボール獲得を再び狙う?

ニューオーリンズ・ペリカンズのロンゾ・ボールは、今季終了後に制限付きFAになる。

そのため、ボールにはトレードの噂が浮上していた。

だが、3月末の期限までにトレードが実現することはなかった。

ゴールデンステイト・ウォリアーズやシカゴ・ブルズ、アトランタ・ホークス、ロサンゼルス・クリッパーズ、ニューヨーク・ニックス、ブルックリン・ネッツがトレードでボール獲得を狙っていたというが、このうちウォリアーズのボール獲得計画は今も続いているのかもしれない。

heavy.comによると、ウォリアーズは今年のFA市場でボール獲得に動く可能性があるという。

元ウォリアーズのアンドリュー・ボガットは先日、「ニューオーリンズの舞台裏から得た情報」とし、ウォリアーズがペリカンズにトレードをオファーしたものの、ペリカンズがケリー・ウーブレとのトレードを要求したため、ウォリアーズはボール獲得を断念したことを明かした。

ボールはNBA屈指のプレイメイカーであるだけでなく、課題としていたショットタッチも顕著に改善しており、ウォリアーズに加わればステフィン・カリーとクレイ・トンプソンのプレイはより容易になるだろう。

一方、気になるのはペリカンズ側の動きだが、サラリーが高騰すると見られているボールに対し、十分な契約はオファーできないと見られている。

ブランドン・イングラム、スティーブン・アダムス、エリック・ブレッドソーの高額契約がまだ残っているうえ、ザイオン・ウィリアムソンとの契約にも準備しなければならないため、現時点ではボールを手放す可能性が高いと報じられている。

果たしてウォリアーズのボール獲得計画は成功するのだろうか?

なお、ボールの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数49211
平均出場時間31.432.1
平均得点14.0
(キャリアハイ)
11.5
平均リバウンド4.5
(キャリアワースト)
5.8
平均アシスト5.86.4
平均スティール1.51.5
平均ターンオーバー2.12.5
FG成功率41.9%
(キャリアハイ)
39.7%
3P成功率37.4%35.1%
フリースロー成功率78.0%
(キャリアハイ)
54.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA