【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ「ジャレッド・ダドリーに神の祝福を」

ポール・ジョージ「ジャレッド・ダドリーに神の祝福を」

昨季NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのジャレッド・ダドリーが著書の中でレイカーズとロサンゼルス・クリッパーズのライバル関係に触れ、ポール・ジョージについて「彼が彼自身をブロン(レブロン・ジェイムス)やAD(アンソニー・デイビス)と同じレベルとして見るのは敬意を欠いている」と指摘したと報じられた。

ダドリーによると、レイカーズの選手たちはオーランドのバブル内でジョージとビーフを繰り広げていたという。

当然のことながら、この件についてジョージに質問が及んだ模様。

だが、ジョージはダドリーの著書をただ外野が騒いでいるだけと感じているのかもしれない。

ダドリーの著書について質問されたジョージは、次のように返答。fadeawayworld.netが伝えている。

彼に神の祝福を。

ジャレッド・ダドリー、君に神の祝福を。

僕にはそれが何なのか分からない。

男たちはそういったことに僕の名前を出したがるよね。

ジャレッド、君に神の祝福を。

ジョージは昨季のNBAプレイオフで安定したパフォーマンスを見せることができず、多くのNBAファンから厳しい批判を浴びた。

だが、今季は昨季の批判を一蹴するほどの素晴らしいパフォーマンスを続け、クリッパーズを牽引している。

ダドリーの批判をまったく気にしていないのは、ジョージが前だけを見ているからなのかもしれない。

昨季は達成できなかったNBAチャンピオンという目標へ向け、最後までクリッパーズを牽引してもらいたいところだ。

なお、ジョージの今季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

今季スタッツNBAキャリア
出場試合数20672
平均出場時間34.033.5
平均得点24.420.1
平均リバウンド6.26.4
平均アシスト5.5
(キャリアハイ)
3.4
平均スティール1.21.7
平均ターンオーバー3.62.6
FG成功率50.8%
(キャリアハイ)
43.6%
3P成功率47.8%
(キャリアハイ)
38.5%
フリースロー成功率90.5%
(キャリアハイ)
84.7%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA