【スポンサーリンク】

マーク・ガソルがレブロン・ジェイムスに反撃「2013年のDPOYはグリズリーズだった」

NBA王者ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは先日、レイカーズと契約した2013年のディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤー、マーク・ガソルについて、「彼は僕のディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーのトロフィーを持っている。彼とその話をするのが楽しみだね」とジョークを飛ばした。

ジェイムスはマイアミ・ヒートに所属していた2013年、当時メンフィス・グリズリーズでプレイしていたマーク・ガソルとディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを争った。

結果、ガソルが受賞することになったわけだが、先日のジェイムスのジョークがガソルの耳に届いた模様。

ガソルによると、2013年のディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーはガソル個人ではなく、グリズリーズがチームとして選出されるべきだったという。ガソルのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

2013年のあのトロフィーは、グリズリーズのためにあったと思っている。

トロフィーを受け取るのにふさわしかったのはグリズリーズだ。

いくつか理由があり、僕が選出された。

もしトロフィーを受け取るのにふさわしい個人を挙げるなら、トニー・アレンだ。

僕に言わせてもらうとね。

オールディフェンシブ・ファーストチームの観点から見ると、僕はそこに入るべきだったと思う。

そうはならなかったが、気にしていないよ。

彼(ジェイムス)が望むなら、笑い話にしようじゃないか。

そうでなければ、彼が望むなら今季受賞できると僕は確信しているよ。

ジェイムスはNBAキャリアを通して数々の賞を受賞してきた。

だが、ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーは獲得したことがない。

昨季はディフェンスでも奮闘し、レイカーズを10年ぶりとなるNBAチャンピオンに導いたジェイムス。

彼がディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーを積極的に狙うことはないだろうが、来季もディフェンスでの貢献を期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA