【スポンサーリンク】

キングスがバディ・ヒールドのトレードでNBAドラフト指名権を狙う?

キングスがバディ・ヒールドのトレードでNBAドラフト指名権を狙う?

NBAキャリア3年をサクラメント・キングスで過ごしたボグダン・ボグダノビッチは先日、来季のプレイヤーオプションを破棄し、FAになった。

制限付きFAのボグダノビッチにはアトランタ・ホークスからオファーが届き、キングスがマッチするか否か注目が集まったが、キングスはボグダノビッチの放出を決断。

この動きに伴い、キングスはトレードの噂が出ていたバディ・ヒールドを重要な一員として見ていると思われた。

だが、そうではないのかもしれない。

RealGMによると、キングスはヒールドをトレードで放出し、NBAドラフト指名権の獲得を狙っているという。

ヒールドはボグダノビッチのホークス移籍が決定した後、「僕たちは同じページにいると感じている」とし、キングスに対する信頼を取り戻したことを示唆していた。

現時点で噂になっているのは、再建中のニューヨーク・ニックス。

ニックスがヒールドを再建の鍵として見るか、それともNBAドラフト指名権を重視するのか注目が集まるところだ。

なお、ヒールドの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数72316
平均出場時間30.827.7
平均得点19.215.9
平均リバウンド4.64.2
平均アシスト3.0
(キャリアハイ)
2.2
平均スティール0.90.8
平均ターンオーバー2.31.7
FG成功率42.9%44.1%
3P成功率39.4%41.1%
フリースロー成功率84.6%86.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA