【スポンサーリンク】

ジョエル・エンビード「MVPに選ばれなかったら何をすればいいのか分からない」

ジョエル・エンビード「MVPに選ばれなかったら何をすればいいのか分からない」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのNBAオールスタービッグマン、ジョエル・エンビードは、今季のMVP最有力候補のひとりだ。

ここ最近のパフォーマンスによりMVPレースで少し遅れを取ってしまったが、それでもMVP受賞の可能性は十分ある。

しかし、もしエンビードがMVPを逃すようなことがあれば、エンビードは選出基準に物申すことになるかもしれない。

エンビードはMVPについて次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

もし受賞できたら素晴らしい。

受賞できなければ、僕は何をすればいいのか分からない。

彼らが僕のことを嫌っているからだと思うかもしれないね。

フィリーの選手たち、もしくは僕に対する基準が、他の皆とは違うように感じるんだ。

今季のMVPレースは現時点でデンバー・ナゲッツのニコラ・ヨキッチ、ミルウォーキー・バックスのヤニス・アンテトクンポ、そしてヨキッチの争いになると見られている。

現在レース先頭を走っているとされるのは、昨季MVPのヨキッチ。

アンテトクンポも猛追しているが、ヨキッチとアンテトクンポは「MVPよりNBAチャンピオン」とし、MVPレースのことは気にかけていない。

MVPとNBAチャンピオン両獲りを狙うエンビードと、MVPを意識から外し、NBAチャンピオンに専念しているヨキッチとアンテトクンポ。

果たしてNBA2021-22シーズンのMVPは誰が選ばれるのだろうか?

なお、今季のヨキッチ、エンビード、アンテトクンポのスタッツは以下の通りとなっている。

N・ヨキッチJ・エンビードG・アンテトクンポ
出場試合数726564
平均出場時間33.333.633.0
平均得点26.8
(キャリアハイ)
30.2
(キャリアハイ)
30.1
(キャリアハイ)
平均リバウンド13.7
(キャリアハイ)
11.611.6
平均アシスト8.04.2
(キャリアハイ)
5.8
平均スティール1.4
(キャリアハイタイ)
1.1
(キャリアハイ)
1.1
平均ブロック0.9
(キャリアハイ)
1.51.4
平均TO3.83.13.3
FG成功率58.3%
(キャリアハイ)
49.3%55.4%
3P成功率33.9%36.8%29.6%
フリースロー成功率81.1%
(キャリアワーストタイ)
81.7%72.1%
チームの成績47勝32敗
(勝率59.5%)
48勝30敗
(勝率61.5%)
48勝30敗
(勝率61.5%)

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    そうでもないと思うがな
    貪欲を表に曝け出すのも良いことだよ

  2. By あ

    なんかエンビに対して悪意ある記事やな

*

CAPTCHA