【スポンサーリンク】

アンソニー・デイビス「紙の上ではうまくいくように思えた」

アンソニー・デイビス「紙の上ではうまくいくように思えた」

ロサンゼルス・レイカーズは現地3日にデンバー・ナゲッツに敗れ、プレイインゲーム出場レースからまた一歩遠ざかった。

この日のレイカーズはNBAオールスターのレブロン・ジェイムスが足首の怪我で欠場したものの、今季MVP最有力候補のニコラ・ヨキッチ擁するナゲッツ相手に善戦。

だが、第4Qに入ると力尽き、またしても重要な試合を落としてしまった。

そんな中、復帰後2試合目を終えたアンソニー・デイビスが今季のレイカーズを振り返った模様。デイビスのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

僕個人として考えている今季最も大きなことは、もし僕たちがシーズンを通して健康だったらどうなっていたかということだ。

僕たちは「OK。もしレブロンが健康で、(ケンドリック・)ナンが健康だったら、僕たちはどうなっていただろう?」と考えている。

このチームが結成された時、紙の上ではうまくいくように思えた。

だが、ラインアップを出たり入ったりする選手たちがいて、ポテンシャルを発揮するチャンスを得ることができていない。

今季最もフラストレーションを感じているのは、僕たちに何ができるのかを見ることができなかったということだ。

デイビスが語ったように、レイカーズは昨季に続き今季も怪我に苦しめられた。

だが、レイカーズのロスターを見れば、紙の上では誰が抜けても補えるだけの戦力があると言えるだろう。

しかし、机上の空論に終わることになってしまった。

同日にサンアントニオ・スパーズが勝利したため、ウェスタン・カンファレンス11位レイカーズと同10位スパーズのゲーム差は2に拡大。

タイブレーカーはスパーズにあるため、レイカーズのプレインゲーム出場はほぼ絶望的となってしまった。

とはいえ、レイカーズの選手たちにはこれに気を落とすことなく、シーズン最後を4連勝で終えてもらいたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA