【スポンサーリンク】

ラッセル・ウェストブルック「バスケットボールのビジネス面は他に任せる」

ラッセル・ウェストブルック「バスケットボールのビジネス面は他に任せる」

この夏最大のトレードといえば、やはりNBAオールスターポイントガードのラッセル・ウェストブルックがロサンゼルス・レイカーズに移籍したことだろう。

ウェストブルックはオクラホマシティ・サンダー時代にNBAファイナルでプレイしたことがあるが、NBAタイトルを獲得したことは一度もない。

レブロン・ジェイムスとアンソニー・デイビス擁するレイカーズに加わったことは、ウェストブルックにとってNBAタイトル獲得の大きなチャンスとなるだろうが、多くのレイカーズファンはウェストブルックが長期にわたってレイカーズのユニフォームを着てプレイすることを願っているのではないだろうか?

だが、ウェストブルックはNBAがビジネスであることを理解し、ただ目の前のシーズンに専念することだけを考えているという。

ウェストブルックは自身について次のようにコメント。fadeawayworld.netが伝えている。

君たちも分かっていると思うが、このリーグはビジネスだ。

それぞれがそれぞれの仕事をする。

僕はこれからもそうしていくだろう。

バスケットボールのビジネスの側面と、僕が置かれていた場所を考えると、3~4年前はここにいるとは想像もできなかったんだ。

だが、僕はここにいる。

僕はベストの方法で戦い、持っているすべてを捧げる。

バスケットボールのビジネス面は他に任せるよ。

ウェストブルックのNBA2022-23シーズンの契約はプレイヤーオプションとなっているため、オプションを破棄してFAになることができる。

もし来季結果を残すことができれば、レイカーズはウェストブルックに喜んで大型契約をオファーするだろう。

だが、ウェストブルックはそれを考えず、2カ月後に開幕するNBA2021-22シーズンに集中するに違いない。

なお、ウェストブルックの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数65943
平均出場時間36.434.7
平均得点22.223.2
平均リバウンド11.5
(キャリアハイ)
7.4
平均アシスト11.7
(キャリアハイ)
8.5
平均スティール1.41.7
平均ターンオーバー4.84.1
FG成功率43.9%43.7%
3P成功率31.5%30.5%
フリースロー成功率65.6%
(キャリアワーストタイ)
79.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA