【スポンサーリンク】

マリク・モンク「レイカーズ以外のNBAチームに関心を持たれなかった」

マリク・モンク「レイカーズ以外のNBAチームに関心を持たれなかった」

2017年のNBAドラフト11位選手であるマリク・モンクは、FAになった昨年夏にロサンゼルス・レイカーズと1年のミニマム契約を結んだ。

モンクへの期待は当初それほど高くなかったものの、浮き沈みが激しいレイカーズにおいて安定したパフォーマンスを続けており、ここ最近はスターターに抜擢されている。

モンクが素晴らしいパフォーマンスを見せているのは、他のNBAチームに対するリベンジがモチベーションになっているのかもしれない。

モンクによると、FA市場でレイカーズ以外のNBAチームから関心を持ってもらえなかったという。モンクのコメントをhoopsrumors.comが伝えている。

レイカーズを除き、どのチームも僕を求めてくれなかった。

それが僕のモチベーションになっている。

タンクにエネルギーを注ぎ、プレイする時が来るまで蓄え続けた。

長期にわたってプレイできることを証明するためにね。

それが今の僕がやっていることさ。

モンクは現在4試合連続で先発出場し、平均20.0得点を記録している。

このパフォーマンスを維持することができれば、FAになる今年夏に市場価値は確実にアップするだろう。

つまり、モンクにとってレイカーズでの今季はNBAキャリアを大きく飛躍させる絶好のチャンスと言えそうだ。

なお、モンクのここ4試合のスタッツは以下の通りとなっている。

過去4試合
平均出場時間33.5
平均得点20.0
平均リバウンド2.3
平均アシスト1.3
平均スティール0.8
平均ブロックショット1.3
平均ターンオーバー1.0
FG成功率56.3%
3P成功率42.3%
フリースロー成功率100%
+/-+14.3

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA