【スポンサーリンク】

マリク・ビーズリーが服役を終えて釈放

マリク・ビーズリーが服役を終えて釈放

ミネソタ・ティンバーウルブズのマリク・ビーズリーは以前、彼の元妻であるモンタナ・ヤオがNHL選手のスア・クレイブンスと浮気したことを受け、クレイブンスに暴行を加えてしまった。

クレイブンスは後日、「浮気ではなかった。モンタナとマリクが交際を始める前から、僕と彼女には何年もの付き合いがあったんだ」と説明。

だが、暴行現場が防犯カメラにばっちり残っていたビーズリーは、暴力による脅迫の行為を認めた。

昨年9月には違法薬物所持なっで逮捕され、裁判で有罪判決を下されたビーズリー。

そのビーズリーが釈放された模様。

hoopsrumors.comによると、ビーズリーは78日間の服役を終え、釈放されたという。

ビーズリーは裁判で120日間の服役を命じられた。

だが、模範的な行動を続けたため、服役期間は78日間に短縮されたと報じられている。

今後3年間は保護観察期間になるというが、ビーズリーが過去の過ちから学び、善行を重ねることを期待したいところだ。

なお、ビーズリーの昨季とNBAキャリアのスタッツは以下の通りとなっている。

2020-21NBAキャリア
出場試合数37257
平均出場時間32.819.6
平均得点19.6
(キャリアハイ)
9.9
平均リバウンド4.4
(キャリアハイ)
2.3
平均アシスト2.4
(キャリアハイ)
1.2
平均スティール0.8
(キャリアハイ)
0.6
平均ターンオーバー1.60.8
FG成功率44.0%44.6%
3P成功率39.9%39.1%
フリースロー成功率85.0%
(キャリアハイ)
81.6%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA