【スポンサーリンク】

ザック・ラビーンがオフシーズン中に手術へ

ザック・ラビーンがオフシーズン中に手術へ

シカゴ・ブルズのNBAオールスター、ザック・ラビーンは、左膝に問題を抱えている。

今季のブルズにはNBAプレイオフ復帰とNBAチャンピオンの期待がかかっていたため、ラビーンは膝に問題を抱えたままプレイし続けているが、来季は完全体で迎えることができそうだ。

The Chicago Sun-Timesによると、ラビーンはオフシーズン中に膝を手術する予定だという。

ラビーンは関節鏡視下手術を受ける見込みであり、今後のNBAキャリアに悪影響はないと報じられている。

ラビーンは3月、「僕は70%か80%でもNBA最高の選手のひとりだ」と語り、オフシーズン中に手術を受ける可能性を示唆していた。

だが、実際のところは膝の調子が良い日でも50%程度にとどまっていたという。

ブルズは現在、ミルウォーキー・バックスとのNBAプレイオフ・ファーストラウンドで1敗もできない状況に追い詰められている。

NBAの健康と安全プロトコル下に置かれているラビーンは第5戦も欠場する予定であり、もしブルズがファーストラウンドで敗退すれば、ラビーンはNBAの健康と安全プロトコルがクリアになり次第手術の手続きをスタートすると報じられている。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA