【スポンサーリンク】

マイルズ・ターナー「僕は何も悪いことをしていない」

マイルズ・ターナー「僕は何も悪いことをしていない」

インディアナ・ペイサーズのマイルズ・ターナーは現地11日に行われたユタ・ジャズ戦でNBAオールスターセンターのルディ・ゴベールと取っ組み合いの喧嘩を演じ、退場処分を科された。

ターナーがゴベールのシュートをブロックした後、ゴベールにユニフォームを引っ張られてコートに倒されると、これに激昂。

ターナーとゴベールが取っ組み合いを始めると、コート上で両チーム入り乱れる状況となり、ターナー、ゴベール、ドノバン・ミッチェル、ジョー・イングルスに退場が命じられた。

https://www.youtube.com/watch?v=dmAMCFAugKc

ターナーによると、すべてのきっかけはゴベールにあったという。ターナーのコメントをfadeawayworld.netが伝えている。

(ゴベールの)ダーティープレイだったと思う。

彼が僕のショーツを引っ張った。

そんなことされたくないよね。

だから、僕はあの状況で立ち上がらなければならなかったんだ。

ファールがコールされなかったことが信じられなかった。

イージーコールだったと思う。

試合中ずっと続いていたことだ。

ゴベールはダンクを決めた後、トラッシュトークを始めた。

そこから熱くなっていったんじゃないかな。

だが、ショーツを引っ張られたら立ち上がらなければならない。

僕は何も悪いことをしていないと思っている。

ただ、僕が決めることではない。

ゴベールは試合後、「喧嘩のような振る舞いはやめなければならない」などと主張した。

だが、ゴベールがやったことがバスケットボールのプレイではないことは間違いなく、ゴベールは自身の過ちを認めなければならないかもしれない。

両チームが次に対戦するのは、現地1月8日。

その日はペイサーズのホームゲームとなるため、ゴベールには相当なブーイングが飛ぶことになりそうだ。

なお、現地11日の試合のゴベールとターナーのスタッツは以下の通りとなっている。

R・ゴベールM・ターナー
出場時間30:5729:54
得点1913
リバウンド119
アシスト01
スティール01
ブロックショット13
ターンオーバー22
FG成功率70.0%
(7/10)
71.4%
(5/7)
3P成功率75.0%
(3/4)
フリースロー成功率71.4%
(5/7)
+/--7+11

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA